専門学校だけじゃない!独学でも叶うWebデザインの世界

ウェブ閲覧

 

普段、当たり前のように利用しているインターネット、ショッピング、ニュースにしても、
ユーザーは何らかのWebページを閲覧し、楽しんでいます。

 

こうしたWebページを作成しているのがWebデザイナーです。

 

サイトの構成や設計を全て担当するWebデザイナーは、個人のHP作成といった趣味ではなく、それを超えたビジネスとしても世界に通用します。

 

Webサイトを自在に操ってデザインする、
すなわちWebデザイナーの魅力や実際の仕事内容をここで説明していきます。

 

【その他のWebデザイナーに関する情報】
Webデザイナーの仕事形態の種類 ⇒給料相場と平均年齢 ⇒独学で目指せる?

 

需要の高さが魅力的

 

ネット社会の現代は、どういった企業でもHPが存在し、
むしろネットを主戦場にする企業も増えています。

 

この事実は、一つのビジネスを始める上で
Webデザイナーが欠かせないと受け取ることもできます。

 

広告媒体としても用いられるインターネット、
また、ビジネスにおける重要性から、現状Webデザイナーの需要は非常に高くなっています

 

仕事をするからには、そこに求めるべきことは当然将来を含めた安定性です。
ちなみに、公務員がその点で有利なのは、あくまで雇用形態上での理由です。

 

しかし、仕事そのものの需要を考えた上では、
現代のビジネスにおいてほぼ例外なく必須となるWEBデザイナーの方が明らかに勝っており、
その需要の高さこそが魅力なのです。

 

 

 

仕事内容

 

仕事内容

 

Webデザイナーの仕事は、Webサイトの作成です。

 

では、どういったWebサイトを作成するのか、それは依頼する企業によって異なります。

 

単にHPを作成してほしいという依頼もあれば、
ショッピングサイトを作成してほしいという依頼もあります。

 

Webデザイナーの仕事を箇条書きのように挙げると、キリがありません。

 

分かりやすく言えば、あなたが普段PCで閲覧しているWebサイト、
それがどんなサイトであろうと、何をするサイトであろうと、
それを作成しているのがWebデザイナーというわけです。

 

 

 

起業すること自体の敷居の低さ

 

パソコン

 

Webデザイナーの仕事をこなす上で必須なのは、PCです。

 

逆に言えばPCさえあれば
例え狭い部屋の片隅でも仕事はこなせ、オフィスのような環境は必要ないのです。

 

このため、個人で起業する上では敷居が低いという特徴があります。

 

もちろん企業に就職し、Webデザイナーとして社員の一員になることも可能です。

 

しかし、起業を目標にする人にとっては、
起業におけるWebデザイナーの敷居の低さは大きな魅力になります。

 

ただこの場合、敷居が低いのはあくまで起業すること自体であって、
専門知識が必要な仕事そのものについては、むしろ敷居が高い職種と言えます。

 

全国展開している「デジタルハリウッド」ならスクール説明会もあるので安心です!

 

 

 

常に時代の先を進んでいる充実感

 

仕事にやりがいを求める人は多いですが、Webデザイナーで得られるやりがいは相当なものです。

 

何しろ仕事をすればするほど、
自身のレベルアップに繋がるわけですし、自身の知名度や信頼も高まります。

 

また、常に時代の先を進んでいるという実感も味わえます。

 

Web関連の技術の進歩はめざましく、次々と新しい機能やアプリが誕生しています。

 

この現状を考えると、
例えば3年後には全く想像もできないような機能が誕生するかもしれません。

 

Webデザイナーである以上、
新たな機能が誕生すれば、それを使いこなせる技術が必要になります。

 

このため、仕事に対してのマンネリ感は一切ないですし、
得られる感覚は、常に時代の先を進んでいることの充実感と、
こなせばこなすほど自身のレベルと評価が高まっていくやりがいです。

 

このように、Webデザイナーの仕事では、他の職種では決して味わえない魅力が多くあります。

 

特にやりがいを感じられる点は、仕事のマンネリ化を防ぎ毎日を充実させてくれますし、需要の高さにおいても、不景気な現代において大きな魅力だと言えます。

 

もちろん明確な夢を持っている人に無理におススメするつもりはないですが、
やりたい仕事がないと悩んでいる人には、ぜひ注目してほしい職種です。