基本的な毎日のルーティンとしてメール分類やメールチェックをして、顧客とコンタクトを取ります。

フリーランスの仕事内容

 

では実際にフリーランスのWEBデザイナーの仕事内容はどういったものがあるのでしょうか?

 

WEBデザイナーの仕事はもちろんホームページやWEBサイトを作ることです。

 

イラストレーターやフォトショップで画像を加工したり、HTMLやCSSでコーディングしたり、ワードプレスでWEBサイトを作ったりして、成果物を作ります。

 

また営業をしたり、事務や経理をしたり、ときにはマーケティングの仕事をすることもあります。

 

また基本的な毎日のルーティンとしてメール分類やメールチェックをして、顧客とコンタクトを取ったり打ち合わせをしたりします。

 

またホームページやWEBサイトは作ったら終わりという世界ではなくて、随時更新したり改修作業をしたりすることもあります。

 

自分で納品したサイトにエラーがないかチェックしているWEBデザイナーもいます。

 

日々、インターネット空間をパトロールしています。

 

特にグーグルアナリティクスなどのアクセス解析ツールを使ってPVなどをチェックしてサイトに問題がないか、ユーザーが訪れるようなサイトになっているかをチェックします。

 

このようにフリーランスのWEBデザイナーの仕事は多岐にわたります。

 

人によって画像の加工や作成が得意なデザイナーもいれば、コーディングやライティングが得意なデザイナーもいます。

 

イラストレーターやフォトショップを使ってクリエイティブな作業に時間を割く人やコーディングやライティングのような文字や言語のタイピングの方に時間を割きたい人などさまざまな仕事の仕方があります。

 

また経理や事務をフリーランスは自己管理しなければならないので、請求書の作成や会計ソフトを使った帳簿管理など制作以外のこともしなければなりません。

 

やはりフリーランスのWEBデザイナーとなるとWEB制作以外の仕事が増えるのは間違いありません。

 

それらを上手にこなせるようなったらフリーランスとして高い収入を得ることができるでしょう。