WEBデザイン業界はレッドオーシャンの世界で、なかなか収益を上げられないのも事実です。

フリーランスの収入

 

フリーランスとしてWEBデザイナーになるとどれくらいの収入が得られるのでしょうか?

 

答えはピンからキリまであります。
年収500万円の人もいれば年収200万円にも満たない人もいます。

 

日本のWEBデザイナーの年収は、海外のWEBデザイナーよりも全体の平均年収が低く300万円程度だと言われています。

 

独立したからには、会社員のWEBデザイナーの年収よりも多く稼ぎたいものです。
しかし必ずしも上手くいかないのが実情です。

 

WEB制作の業界というのは、価格競争が激しく、特にフリーランスで仕事を請け負っているWEBデザイナーは低価格で仕事を受注しがちになります。

 

そして特にフリーランスの場合は、営業から制作、事務、経理まで一人でまわさなければならないため、上手にルーティンを回さないと効率の良い仕事ができずに利益が出しにくくなってしまうことが多いです。

 

「こいつはフリーだから値下げ交渉しやすいかも」と取引相手に思われるとこの負のスパイラルに陥っていきがちです。

 

逆に年収が1000万円を超えるようなWEBデザイナーは、受注の単価を上げて大きな利益を出しています

 

彼らは自分自身をブランド化したり、他のWEBサイトにはない高い技術力をアピールしたりして仕事の単価を下げません

 

もちろんそういった人材は比較的少数ではありますが、基本的にWEBデザインの業界はレッドオーシャンの世界であり、なかなか収益を上げられないのも事実です。

 

また働き方と収入のバランスにもよります。

 

年収としては会社員として一般的でも自宅で子育てや家事をしながらそういった収入を得ることができれば、会社員としてWEBデザイナーとして働くよりもずっと効率がよく幸福度の高い働き方といえるでしょう。

 

そういった意味でフリーランスのWEBライターの働き方と会社員としてのWEBライターの収入は価値が違います。