WEBライティングや画像の加工など部分的な工程を納品することで、収入を得ている層も多いです。

副業でWEBデザイナー

 

これからWEBデザイナーを志す人やこれからWEB制作の会社で働きたいと思っている人、すでにWEB制作の現場で働いている人にとって、「副業としてWEBデザインの仕事をすることができるのか?」というのは非常に興味深いポイントです。

 

結論から言うと副業でもWEBデザインの仕事はできるでしょう。

 

とはいえ営業社員がいる会社としてWEB制作の仕事を受注しているところと比べて、個人的に自分で仕事を受注しなくてはならないのでなにかとハードルが高くなるというデメリットはあります

 

また個人として受注するには単価を下げたり、少ない予算で引き受けたりしなければならないデメリットもあります。

 

ただ「WEB制作の会社に頼むほど本格的なものでなくてもいい」という個人の顧客のニーズに対応することができればウィンウィンの関係が構築できるはずです。

 

ただ1件こなすごとに数万円単位の収入につながっていくので、原材料のかからない仕事としては副業でやることに意味はあります

 

またソーシャルクラウドワーキングのサービスなど、個人のワーカーとクライアントを繋ぐサービスなども確立されてきました。

 

ワーカーとクライアント、元請けの企業を繋ぐマッチングサイトはクラウドワークスやランサーズなどのサービスをはじめ賑わいを見せています。

 

副業としてWEBデザインやWEB制作の仕事をできる環境というは以前より敷居が低くなってきました。

 

またホームページやWEBサイト全体を製作するのではなく、WEBライティングや画像の加工といった部分的な工程を担当して納品することで収入を得ている層も多いです。

 

そういった意味で現在WEBデザインの会社で働いている人、また今は別の仕事についているけれど、ホームページ制作のノウハウを持っている人などは、そういったものを活かして副業でWEBデザインの仕事をしていくことはおすすめです。