WEBデザイナーに向いているのは、クライアントとコミュニケーションを密にできる人です。

WEBデザイナーに向く人

 

WEBデザイナーに向いている人

これからWEBデザイナーを志す人にとって、自分にWEBデザイナーとしての適性があるのかどうかというのも非常に大切なところです。

 

WEBデザイナーに必要な要素で大きなポイントとしてはクライアントとコミュニケーションを密にできる人というものが挙げられます。

 

デザインセンスやプログラミングの知識よりもクライアントが欲しているウェブサイトのニーズを正確に理解して形にできる人はWEBデザイナーに向いています。

 

見栄えの良いホームページやグラフィックを使用できる能力も大切ですが、タイムスケジュールを管理して、予算と人員とのコストバランスを考えながら管理・進行できるプロデュース力も大切です。

 

そしてユーザーインターフェースを追求したり、どうやったら多くの人に見てもらえるかという視点が持てる人はWEBデザイナーとしての素質があるといえるでしょう。

 

 

WEBデザイナーに向いてない人

WEBデザイナーにはコミュニケーション能力が大切です。

 

クライアントがどんなウェブサイトを必要としているかというニーズをくみ取れないと顧客を満足させることができません。

 

そしてWEBデザイナーは限られた時間の中で成果物を作りださなければならないので、タイムスケジュールが下手な人や時間を管理できない人には不向きです。

 

そしてやはり最低限のクリエイティブな発想やデザイン能力がなければWEBデザイナーは務まりません。

 

またフォントや設計など細かなところにまで意識がいくような繊細な洞察力や観察力がないと良いWEBデザイナーということができないでしょう。

 

 

このようにWEBデザイナーに重要だと思われる要素としてコミュニケーション能力と時間を管理する能力、そしてデザインなどのクリエイティブセンス、プログラミングの知識など多岐にわたります。

 

こういったものを自分の中で育てるようにしましょう。