レベルの高いWebデザイナーは、こうした努力を経て今の地位を手にしているのです。

他のデザイナーと差をつけるには

 

差をつける

 

 

勉強してレベルを高める

当然の方法ですが、ここで大切なのは、勉強をするタイミングです。

 

あなたが勉強していたとしても、
その時ライバルも勉強していては、二人の差は変わらないのです。

 

このため、ライバルが勉強していない状況でも勉強をするという意識が大切です。
例えば、長期連休の時などに、何日かはレベルの向上を目指すのもいい方法です。

 

差をつけるためには、自身「だけ」が実力を伸ばす機会を作るのが重要なのです。

 

これを実現するのは大変ですが、
それを乗り越えてこそ、他のライバルを圧倒できる実力が身につくのです。

 

 

 

センスのいいデザインを参考にする

知識や技術、これは誰もが最終的に同じところに行きつきます。

 

しかし、センスは各々によって異なりますし、Webデザイナーに必要なのはセンスです。

 

いくら知識や技術に長けていても、センスがなければ通用しない、
それは、一見厳しく感じるかもしれませんが、逆に考えれば、
センスを磨くことができれば、確実にライバル達に差をつけることができるわけです。

 

こうしたセンスを磨くには、世に認められたWebデザインを実際に見て参考にすることです。
ネットを使えば情報収集は容易なので、自身にとってのお手本を見つけてください。

 

 

 

得意なジャンルを作る

幅広くこなすのも大切ですが、
得意なジャンルを作るのは、稼ぐWebデザイナーになるには必須条件です。

 

分かりやすく言えば、
「かわいいデザイン」と「カッコいいデザイン」の両方をこなせたとしても、
依頼者が希望するのは、必ずどちらか一つだからです。

 

仮に依頼者が「かわいいデザイン」を希望したとすれば、
幅広くこなせるあなたは当然対応できます。

 

しかし、「かわいいデザイン」を得意とするWebデザイナーには実力的に劣ってしまいます。

 

依頼者が何かを提案した時、
評価されるのは、その何かを得意としているWebデザイナーなのです。

 

もちろん仕事を選ぶことはできないので、幅広く対応することは大切です。

 

しかし、他のデザイナーに差をつけたいのであれば
「これだけは負けない!」というジャンルを必ず作っておかなければなりません

 

デザイナーは、センスが何よりも大切ですが、
Webデザイナーの場合はそれだけでなく、努力も大切です。

 

レベルの高いWebデザイナーは、
決して天性の才能で活躍しているのではなく、こうした努力を経て今の地位を手にしているのです。