短期間で決まった事柄だけを学びたいのならスクールを選びましょう。

Webデザインの専門学校

 

黒板と先生

 

 

 

目指すべきWebデザイナーを考える

Webデザイナーになるために専門学校に行くのでしたら、
学校は豊富に存在しているため、学校を見つけることに困ることはありません。

 

ただし、こうした専門学校に通うなら
まずは、自身がどういった形のWebデザイナーになりたいかを考えておくべきです。

 

例えば、フリーで活動したいといった場合は、
起業に近いため、自身で何もかもをこなせるだけの技術が必要になります。

 

仮にWebデザイン系のコースに進んだ場合、
HTMLやCSSを学ぶ機会は豊富になっても、プログラム関連を学ぶには不充分と言えます。

 

デザインだけではフリーの活動は厳しいため、
これなら難しいプログラム関連を学べるエンジニア系のコースを選び、
Webデザインは独学で学ぶという選択肢も生まれてきます。

 

このため、まずはあなた自身がどういう環境でどんなWebデザイナーになりたいのか
それを決めた上で、それが叶う専門学校とコース選びをするといいでしょう

 

 

 

スクールと専門学校の違いに注意

ネットで検索すれば、Webデザイナーを目指すための学校はいくらでも見つかります。
しかし、それらはスクールと専門学校が混ざって表示されている場合があります。

 

スクールを日本語に訳せば確かに学校になりますが、
スクールと専門学校では形態が全く異なります

 

 

スクールは、学校というよりは習い事のような感じです。
期間も短く、特定のコースを選択し、それをトータル数ヶ月でマスターする流れです。

 

一方、専門学校は、年単位の通学を経て、希望のコースのカリキュラムをこなしていくもので、
「学校」のイメージにふさわしいのは専門学校の方になります。

 

 

  • 就職の際のアシストが欲しいのであれば、選ぶべきは専門学校
  • 短期間で決まった事柄だけを学びたいのならスクール

を選ぶべきです。

 

また、自身の望むWebデザイナーの形によって選択するコースも変わってくるので、
まずは自身の夢を明確にイメージし、その上で専門学校やコースを考えていくのがベストです。