Webデザイン技能検定は、Web関連の技術や知識を証明する国家資格です。

関連する資格

 

資格

 

 

Webデザイン技能検定

Web関連の技術や知識を証明する資格で、国家資格として扱われています。
また、現時点でWebデザイナー関連の資格では、これが唯一の国家資格となっています。

 

試験は、他の資格同様、筆記による知識と、実際にWebサイトを作成する技能の二つがあります。
もちろん、知識と技術、両方のレベルが認められてこそ、資格を得ることができます。

 

ちなみに、この資格は、一級~三級までの三段階のレベルに分けられています。

 

 

 

Webクリエイター能力認定試験

民間の資格試験であり、国家資格ではありません

 

とは言え、HTMLやCSSの知識はもちろん、デザイン能力などのセンスも必要なため、
Webデザイナーを目指す上ではぜひ取得しておきたい資格です。

 

また、一般的な知名度は低いものの、Web関連の資格の中では知名度が高く、人気の資格です。

 

初級と上級の二段階のレベルに分けられており、この資格を得るためには、
最低でもWebサイトを構築するHTMLとCSSを完全に把握しておく必要があります。

 

 

 

Web解析士認定試験 

日本Webデザイナーズ協会認定の資格です。

 

サイト制作ができたとしても、
それをビジネスで活かすには、質の高いサイトを制作しなければなりません。

 

これにはセンスはもちろんですが、マーケティング能力でサイトを解析することも必要です。

 

これを証明できるのが、Web解析士です。

 

初級と上級の二段階のレベルに分けられており、Webサイトの解析や課題の発見方法など、
いわゆる人気サイトを目指す上で必要なスキルになります。

 

さらに上級になると、計画立案など、
より本格的にWebの域を超えたスキルと知識が必要になります。

 

これらの資格は確かに武器になりますし、自身の能力を証明する資産になります。

 

ただし、Webデザイナーには、資格では分からないセンスも重要であり、センスの有無を最優先している企業も実際に数多く存在しています。

 

このため、資格取得が叶っただけで安心はできない業界ですし、
逆に資格がなくても、引け目を感じずにセンスを発揮することで生き残ることもできるのです。

 

Webデザインの専門学校はどうやって選べばいいの?