Webデザイナーの平均年齢は、他の業種に比べるとかなり低いと言えます。

給料相場や平均年齢

 

Webデザイナーの年収は?

過去のデータになってしまいますが、男女それぞれのおおよその年収を紹介します。

 

まず、男性の平均年収は360万円女性は315万円になっています。

 

年収

ここで言えることは、
男女の収入に大きな差がないということです。

 

考えてみれば当然のことで、
Webデザイナーに必要なのは、センスであり技術です。

 

そこに男女の壁はないですし、実力によっては、
男性以上に女性が稼ぐことも充分にあり得ます

 

つまりWebデザイナーは、
女性が活躍しやすい職業とも言えます。

 

 

 

平均年収の数字自体は参考にならない

男女の年収の差に大差がないことは事実ですが、数字自体はあまり参考にはなりません。

 

なぜなら、Webデザイナーは、年功序列による給与を採用する場合が少なく、
実力主義で給与を設定する企業が多いからです。

 

実際に年収も幅広く、300万円未満の年収の人もいれば、400万円以上の年収の人もいるのです。
また、フリーで活躍し、顧客を多く持っている場合は、この倍近くの収入を得ている人もいます。

 

つまり、いくら稼げるかという質問に対する明確な答えはなく
敢えていうなら「あなたのレベル次第」というのが適切な回答になります。

 

 

 

Webデザイナーの平均年齢は?

具体的な数字は公表されていないものの、他の業種に比べると年齢がかなり低いと言えます。

 

企業によっては、20代でリーダーに任命されることも多く、
20代の上司と30代の部下という関係も普通に起こり得る業種です。

 

もっとも、これはインターネットの歴史を考えれば当然のことです。
今40代の人が新人だった頃、すなわち20年前にはまだインターネットは普及していませんでした。

 

それを考えると、
WEBデザイナーの平均年齢が低いことは特に驚くべきことでもなく、むしろ当然のことです。

 

年収や平均年齢から考えると、正直好条件とはとても言えない現実があります。

 

しかし、Webデザイナーは、好きなことを仕事にできるという要素を持っており、やりがいのない仕事に比べると充実した毎日が過ごせるのが魅力です。